スクエアfreeセミナー アーカイブ

SEMINAR ARCHIVE

スクエアfreeセミナー アーカイブ


こちらに掲載のセミナーは過去に開催されたものです

 2020年開催


  • 第111回セミナー開催[ 2020年開催新春エレベータピッチ ]

     日 時:2020年1月23日(木曜日)17時〜19時(終了後懇親会)

     場 所:株式会社OPENスクエア(千代田区神田紺屋町17番地 ONEST神田スクエア 2階)

    エレベータ・ピッチ(Elevator・Pitch)

    歴史(USのWikipedia より超訳)

    エレベータピッチ 、 エレベータスピーチまたはエレベータステートメントとは非常に短い時間で行う売り込みのプレゼンテーションです。プロセス、製品、サービス、組織、またはイベントの内容と価値を迅速に伝えるのが使命です。 命名はエレベータに乗っている間の短い時間、約30秒から2分に要約を伝えることから来ています。 Ilene RosenzweigとMichael Caruso (彼はVanity Fairの編集者です)が、これを考案したと広く認められています。 上手なエレベーターピッチは、あなたが誰で、何を提供しているのかを、素早く伝えることができ、あなたを競争相手からひときわ目立たせます。 起業家 、プロデューサー 、プロジェクトマネージャ 、セールスマン 、エバンジェリスト 、政策立案者など、さまざまな人々がエレベーターピッチを活用して、要点を素早く伝える方法を見つける訓練をしています。

1. 社会課題解決の今日的状況

SDGsとのつきあいかたを軽くご紹介します。

 橋本 明彦 様


2. Graph AI

Graphを使ったAIとは今までのAIとどう違うのか短時間でお伝えします。

 案浦 浩二 様


3. DXに向けた分散データストレージシステム選択 Cassandra or MySQL Cluster どっち

DXの風に乗って、新たなステージのデータ収集と活用が見込まれる中で、それらを蓄積するための分散データストレージシステムとして何を選択すべきか解説します。

 佐藤 栄一 様(コネクト株式会社)


4. 外国籍エンジニア採用について

外国人と、海外から帰国希望の日本人エンジニアの採用について

 木村 一也 様(株式会社 j Career)


5. 「言いたいこと」と「聞きたいこと」は違う!

世の中に溢れるWeb・カタログについて物申します。

 平山 一憲 様(株式会社モザイク)


6. 無添加健康食開発と食品ロス対策

当社は科学と食、アート&デザインの専門家チームで、「悲しみを楽しみに変える食糧支援」をヴィジョンとして健康食の開発をしています。日々の食事に摂るべき栄養素と手軽さ、糖尿病をはじめ高血圧他、ほぼ無添加で成人病予防対策として血糖値を上がりにくくしたり糖尿病患者でも食べれる甘味、風味を大切にした減塩食品を開発しています。原料は規格外野菜などの食品ロスとなる食品を乾燥させ利用できるようにするシステムも考えており、共に開発やシステム作りをできる仲間を募集中です。

 小野 綾子 様(SAD)


7. 要件定義の「知図化」(見える化)

ITシステムの要件定義プロセスに「ストラクチャードコミュニケーション」というユニークな図解技法を適用することで、速く確実な相互理解を促進し、スムーズな合意形成を促す新たな方法やサービスをご紹介します。

 渡邉 安夫 様(株式会社ボス・ジャパン)


8. 中小BtoB企業向け CCB&PR企画戦略サービス

PR戦略の正否は事前の意見調整にあると言っても過言ではありません。そのPRは「誰に」「何を」伝えるためのものなのか、社内関係者との合意形成が重要です。PR企画戦略をいきなり実行すると、頓挫するケースが少なくありません。PRは社内関係者部署との連携が必須ですから、いまから進めようとするPR企画戦略が経営層のイメージに合致していることが周知されなければ、協力を得ることは容易ではないでしょう。プロジェクト推進で重要なことは事前の「合意形成(Consensus Building)」です。関係者と合意形成を図っておくことで、PR企画戦略を動かしてから「うまくいかない」「こうなるとは聞いていなかった」「これには協力できない」といった事態に陥ることを未然に防ぐことができます。我々は「コーポレイト・コンセンサス・ビルダー( C-C-B/ Corporate Consensus Builder)」として、企業の社員間合意形成をサポートします。

 大戸 謙多 様(株式会社フブキ)


9. ノンプログラミング業務システムの実現

業務システムは画面処理が7割、バッチ処理が3割といわれています。画面系ととバッチ系ツールの組合せにより、ノンプログラミングで業務システムが開発できます。今回、バッチ処理のETLツール「ETL Platform」をご紹介します。

 天井 誠一 様(株式会社ソフトウェア・パートナー)


10. リモートワークで東京オリンピックに対応

社内Webシステムへの安全なアクセス方法の紹介

 谷地田 工 様(株式会社ムービット)


11.  クラウド時代だからこそ大切!インフラ設計のセオリー

世の中がクラウド時代に突入し、インフラ管理が不要と思われ始めたフシがあるが、その実体はオープン系のシステムであり、安心安全に運用するためには依然としてシステムインフラの基礎知識が不可欠である。クラウドコンピューティングの台頭により、システムインフラをハードウェアのレイヤーから考えられる技術者が今後減少していくことを危惧した我々は、インフラ設計の基礎知識を詰めた教科書とも言うべき書籍を作成した。その上で、今回弊社にて執筆した書籍「インフラ設計のセオリー」を紹介させて頂きます。

 中村 圭吾 様(株式会社JIEC)


12. 小学生を算数プログラマーに

 高橋 正視 様(視覚障害のプログラマー)


13. プログラムなしでスマホアプリをリリースしよう!

Rakuten Aquafadasを用いてプログラムなしでスマホアプリをリリースする方法の紹介。

 徳永 修 様(株式会社POWER NEWS)


14. AIの現状について

最初のエレベータ・ピッチでは、AIの理想と現実の差を簡単に話し、もしその先に進めたら、一般的に思い描かれているAIと最近話題のAIの間にはどのような差があり、今後どのような展望が望めるのかを実例を交えながら話したいと思います。

 深瀬 欽正 様(株式会社アクト)


15. 自然言語処理アプリケーション開発入門

自然言語(日本語)データを扱う実アプリケーションを作る勘所をまとめた拙著の内容を引きながら、当該テーマについて簡単に解説

 土屋 祐一郎 様


16. おすそわけマーケットプレイスの紹介

ツクツクは通販・チケット・グルメ・ビューティの総合型プラットフォーム。低コスト&高ポイント(売り手よし&買い手よし&SEOよし)で急成長しています。ご参考:「ぴんぴんマルシェ」で検索

 高橋 正信 様(株式会社わいさぽ)


17. サーバ運用管理者の働き方改革?! カーネルライブパッチ KernelCare で改革!

Linux OSのリブート無しで、脆弱性パッチを充て続けられるのが「KernelCare(カーネルケア)」。いつまでもセキュアで、しかもパッチ適用によるサービス停止を気にすることなくLinuxサーバが利用できるようになります。大きなメリットの一つが、Linuxサーバ運用管理者の負担軽減。パッチ適用によるサービス停止が無いので、各部署間の面倒な調整や、休日・夜間作業をすることも激減します。

 川口 明男 様(GDEP Solutions, Inc.)


18. 紙の電子化その前に ~電子化へのアウトライン~

出版物から国への提出物に至るまで、これまで紙で取り扱っていたものの多くが電子ファイル(PDF)へと移行しつつあります。ただ、単純に紙からPDFに移行しようとすると色々問題が起きます。今回は紙からPDFファイルに移行しようとした時に起こりうる問題と、解決のヒントをご紹介します。

 太田 貴之 様(アンテナハウス株式会社)


19.  「副業のすすめ!」

年金の支給率低下や終身雇用の崩壊などで、政府も副業を推奨しており大手企業も何らかの形で副業を解禁しています。そこで誰でも簡単にできる低リスクの副業をご紹介いたします。

 紫関 直恵 様(エムケービジネスサポート株式会社)


20. 2025年の崖より2030年の分岐点

明確になったデッドラインにひとりひとり何ができるか

 松本 和明 様


21. 弁護士の実践仕事術

弁護士の文書作成の方法、案件管理、時間管理について、ざっとお話しします。

 伊藤 献 様(東京ブライト法律事務所)


22. なぜ地域創生出来ないのか

「できない」を「できる」に変える地域創生の手法

 阿蘓 政志 様


23. 気づくひらめく!簡単目標管理法

画期的な思考法「マンダラチャート」を活用した目標管理法をご紹介します。

 倉持 誠 様(有限会社エム・ケー・インターナショナル)


24. 量子コンピュータービジネスの現在地

今年は量子コンピューター元年と言われています。その理由などをご紹介します。

 畔上 文昭 様(株式会社ザイナス )


25. これからの設備管理ソリューション

次世代の設備管理のあり方に対応するソリューションをご紹介します。

 藤本 康秀 様(株式会社KMT研究所)


26. キッズ・ジュニア向けプロジェクトマネジメント

「プロジェクトマネジメント(PM)」はITのシステム開発に欠かせない管理手法です。この手法をキッズ、ジュニアが学ぶことで日常発生するイベントに応用することでイベントを成功に導く確率が大きく改善できます。その応用例をお話したいと思います。

 中村 信也 様(プロジェクトワン株式会社)


27. メインフレームのモダナイゼーション

ハンガリー FreeSoft社は、従来のメインフレームのモダナイゼーションと異なり、様々なアプリケーション言語をコンパイラーのカスタマイズされたワークベンチによって100%変換率を実現し、移行環境結果の検証を自動化することに成功しました。現新比較する自動検証ツールは、これまでの人海作業の検証作業を大幅に短縮し、複数のテストシナリオデータを実行して検証結果の管理までを自動化します。また、検証履歴を記録するとによって、アジャイル型による検証状況を管理することができます。  主な検証機能 1)現新比較検証の進捗管理を自動化し、検証結果をダッシュボード表示します。 2)ホスト側のアプリ実行によって、テストシナリオを記録させ、移行環境で再実行によって現新比較検証が行えます。 3) 「リグレッションテスト」機能を実装していますので、検証結果の履歴管理や、比較結果データ値を管理し、テスト期間の短縮、移行リクスを削減します。

 辻本 雅志 様(ファイブテクノロジー)


28. 国際ホテルレストランショー HCJ2020 in 幕張メッセに行こう

毎年、ビッグサイトで開催されていた 「国際ホテルレストランショー HCJ」が、今年はオリンピック開催の影響で幕張メッセで開催されます。2月18日(火曜日)から21日(金曜日)の4日間のイベントです。是非、【HCJ】ITシステム・機器関連ゾーン の 『2-M22』ブースのOFSC展示を見学にお越し下さい。このブースの展示内容を中心に HCJ の魅力をお伝えします。

 湯澤 一比古 様(株式会社廣告社ぶれいん)


29. AIOps&SecOpsであるEnnetix社xVISOR製品の紹介

Office365の遅い、切れるの問題を推測解決法ではなく、具体的問題発見と解消の手法

 坂本 明男 様(ニューグラス株式会社)


30. クラウドストレージサービス「BOX」

容量無制限クラウドストレージサービスとコンテンツマネージメントプラットフォーム

 大髙 良浩 様(株式会社アイシス)


31. KEMPという選択肢

「KEMP製ロードバランサーの紹介。F5でなくても良いのでは

 岸 勇二 様(KEMP Technologies)


32. ソフトウェア構成分析(SCA)導入のススメ

オープンソースの積極的な利用が進む中、オープンソースの利用に関するポリシーを策定している企業が増えています。このポリシーを遵守するために導入が進んでいるソフトウェア構成分析ツールをご紹介します。

 田中 昭造 様(株式会社OPENスクエア)


33. 第三世代AI脆弱性診断サービス紹介

AIを利用することでこれまでにない正確な診断と圧倒的なコストパフォーマンスを実現した第三世代のAI脆弱性診断サービスを紹介します。

 見市 和歌子 様(株式会社バルク)


34. 屋内測位を活用した、業務効率の向上

屋内測位を活用した、製造業の現場における業務効率の向上を事例を交えながらご提案致します。

 大勢待 篤志 様(アドソル日進株式会社)


35. 顔認証システム

アイジャロット合同会社が提供する顔認証システムのご紹介

 樋宮 哲雄 様(アイジャロット合同会社)


36. ICTIMAって利用すると便利だネ!

ICTIMAは何をしている所か? 活動内容の一部として、(1)ほぼ毎日のICT情報の提供と、(2)今やらなければいけないのに、なかなか手がつかない「セキュリティポリシー策定」の勉強会 (3)が会員になるだけで利用できる、というご紹介をさせて頂きます。

 松浦 真 様(一般社団法人ICTイノベーション・ミッショナリー協会(ICTIMA))


37. サーバーサイドの文書変換にMS-Officeは必要なし!

Office文書変換ライブラリの決定版、Office Server Document Converterのご紹介

 額賀 正彦 様(アンテナハウス株式会社)


38. PolarisEM開発、苦難の道のり

発生トラブル管理支援を行うPolarisEM。その開発で発生したまたは発生中の多くのトラブルを紹介し、「それでも開発はできる」のお話をします。

 香西 省治 様(データアクセス株式会社 )


39. Javaコーディングロボット「ワンダーロボ」のご紹介

コーディングロボット活用によるシステム開発ソリューションをご紹介します。

 小濱 裕太 様(ワンダフルフライ株式会社)


40. 持続可能な観光を中心に真の関係人口創出!

町おこしは、しばし封印していたテーマです。しかし今年やりたくなりました。そしてまずは、ローコストで行える持続可能な観光を中心にした関係人口(これも嫌いな言葉ですが)を作り町おこしていこうという提案の原案をしゃべりたいです。

 経堂 賢 様


41. 下町ローカル5G、ローンチさせるぞ!

ユーザーの、ユーザーによる、ユーザーのための「ローカル5G」があってもいいじゃん! 我々の手で、エッジコンピュータとキラーアプリを手作りする「ローカル5Gコンソーシアム」をやってもいいじゃん! という、夢を追いかけるオジサンたちがいてもいいじゃん!

 竹井 俊文 様(グローバルベンチャー協会)