攻撃遮断くん

攻撃の状況を可視化し、すみやかに遮断したい

攻撃遮断くん


サイバー攻撃を可視化し、あらゆるサイバー攻撃を遮断するセキュリティサービス

OPENスクエアが考えるサイバー攻撃対策の3つのステップ


サイバー攻撃はいざ被害にあってみないと、サイバー攻撃を受けていることに気がつきにくく、サイバー攻撃対策の重要性はわかっていてもどのような対策を取るべきかを判断し、決定していくには時間がかかります。

攻撃遮断くんは下記のようなステップを踏んで効率的に攻撃状況を把握し、サイバー攻撃対策の効果を納得して使っていただくことができます。

1. 可視化


まずは、自社サーバがどのようなサイバー攻撃を受けているか見える化しましょう。

サイバー攻撃可視化サービス「攻撃見えるくん」は公開サーバに対する攻撃を地図上で視覚的に表し、攻撃状況を自動でグラフ化するので、今どのような攻撃を受けているかを即時に見て、知ることできます。

導入も簡単で、エージェントを監視対象のサーバにインストールするだけで、運用開始できます。エージェントのCPU負荷は1%以下、サーバ性能への影響はほとんどありません。

可視化

 グラフ化イメージ

グラフ化イメージ

 管理画面例

SmartDocs導入後

2. 評価


サイバー攻撃を受けていることが確認できたら、実際に被害にあう可能性があるかどうかを検討しましょう。

「攻撃見えるくん」は、どこからどのような攻撃を受けているか、また、その攻撃の脅威レベルを教えてくれます。脅威レベルを確認することで、被害を受ける可能性が差し迫っているかどうかを判断することができます。

また、攻撃されたときのログを簡単に確認できるので、脆弱性を確認すべきポイントを知る手助けとなります。

 検知履歴ログイメージ

検知履歴ログイメージ

3. 遮断


攻撃状況を確認した上で、被害を受ける可能性が高いようでしたら、「攻撃遮断くん」サービスに移行しましょう。

「攻撃遮断くん」は、上記のサイバー攻撃の可視化に加えて、検知した攻撃を即座に遮断します。検知した攻撃に対して、遮断すべきかどうかを自動で判断するので、面倒な設定は不要です。

攻撃遮断

「攻撃見えるくん / 攻撃遮断くん」は、株式会社サイバーセキュリティクラウドが提供するサービスです。製品の詳細情報につきましてはこちらをご参照ください。